初心者向けポーカースターズ(PokerStars)トーナメント入門

ポーカースターズ(PokerStars)のZoomに代表されるキャッシュゲームは技術の進歩で勝ち越すのは難しくなっています。ポーカーで勝つことで得られる期待値よりレーキの方が高いからです。しかしトーナメントは別で、そのトーナメントが何時間かかろうがバイインノの10パーセントにレーキは限られ、フィッシュが多く勝ち越すことも十分可能です。

トーナメントの終盤では、HUD(ハド)と言われるプレイヤーのハンド履歴のデータベースが重要になってきます。ハドの中で人気のホールデムマネージャーについてはこちらのページで紹介しています。

ホールデムマネージャーは2週間無料で体験できます

ポーカースターズのトーナメント

参加する時間により大きく環境が変わる

ポーカースターズのトーナメントはユーロ圏やカナダのプレイヤーが多いため、日本時間03時に盛り上がります。保証されている賞金も倍以上になりますが日本在住者にはきついですね。金曜土曜など休日前にチャレンジしてみたら良いかと思います。

03時 マイクロバトロロイヤルでは僅か2.2ドルのバイインで8.8K保証

ストラクチャー

 

レギュラー スロー

トーナメントを選ぶ際最も重視してほしいのが、ストラクチャーです。レベルが上がるのが遅ければ遅いほど実力の差が出ます。ターボトーナメントの多くが5分でブラインドやアンティが上がりトーナメントが終わるのが早くなり,運の要素が多くなります。運より実力で勝ちたいものですね。

ポーカースターズのトーナメントロビーの右、ストラクチャーをクリックすると、下の画像では20分となっています。これはオンラインポーカー最大級のトーナメントでレベルが上がるのが非常に遅くなっており真の実力が発揮できます。

ここでは開始チップも表記されておりこちらはブラインドに対し多ければ多いほど運の要素が小さくなります。持ち点が最も大きくなるのはディープスタックで2倍以上の点数でトーナメントが始まります。

お勧めは開始チップが多く、レベルの上昇が遅いトーナメントに出場することです。

下のトーナメントのスピード設定画面 Reguler かSlow がお勧め

Sit&Go ターボ ハイパーターボ の練習も必要

上ではブラインドが上がるスピードが遅いほうが良いと書きましたが、参加人数の多いトーナメントで上位に入ることは滅多にありません。せっかく後半まで生き残ったのにどう戦ったらいいか分からないのでは話になりません。

そこでハイパーターボなどの Sit&Goで後半戦をイメージして練習するのも良いと思います。

トーナメントの序盤、中盤、終盤の戦い方

ハンドの価値

トーナメントの序盤ではスタックに対するブラインドが小さいため、お互いオールインにならない限り、AAやAKの価値が最も低くなり98♡などスーテッドコネクターの様なハンドの価値が高くなります。フロップを見た後はAAだからといってポットが大きくなりすぎないようにポットコントロールが必要のなります

おそらく勝っているであろうハンドでもチェックしてポットをコントロールすることも必要になってきます

終盤ではプリフロップでのオールインが多くなり、AA,AK、AQやペアのハンドの価値が大きくなる 主に勝率の高いハンドで勝負する。

右のプレイヤーはホールデムマネージャーによると126ハンドでVPIPが15とタイトなイメージ こちらの数字の解説はこちらです

プリフロップでのレイズ額

序盤ではレイズはビッグブラインドの2,5倍から3,5倍程度の人が多いです。終盤ではこれが2倍程度になります。序盤ではコールする人が多く出るのを防ぐため、強いハンドが来たら大きめにレイズしてヘッズアップ(1体)に持ち込む必要があります。

逆に34♢などスーテッドコネクター、投機的ハンドで多くのプレイヤーを巻き込むプレイが有効です。

序盤 プリフロップの3倍レイズの例

プリフロップで大きくベットしてヘッズアップに持ち込む

終盤 プリフロップの2倍レイズの例

下の例ではレイズはBBの2倍ですからコールするためには1800点必要になります。1800点はスタックに対して大きく感じフォールドする場合が多いです。終盤ではプリフロップでBBの3倍レイズする人はまれで多くても2.2倍程度の人がほとんどです。2BBレイズするとかえって強く相手から見られポットを取れる可能性が高くなることもあります。

BBの2倍レイズの例

スタックとポットの割合 ポットコミット

終盤下の画像でフロップボードはJQ7で左側のプレイヤーはポケット10です。下のプレイヤーはフロップを見てオールインしています。一見すると左のプレイヤーはJQとオーバーカードが2枚見えている状態でオールインにコールして無謀に見えます。しかポットコミットしているためオールインにコールしています。このように特に終盤ではスタックとポットの割合によってコールせざる負えない場合がしばしば出てきます。

序盤でポットが小さい場合は、左のプレイヤーはオールインにコールしないでしょう。

このように同じハンドでも時と場合により対応は大きく異なります。

ポットが小さければ相手のオールインにコールできないが、スタックに対しポットが大きすぎる為にせざる負えない

ポットコミットをブラフなどに利用する

上ではポットコミットするとオールインせざるを得ないと書きましたが、逆にポットコミットを利用する手も残されています。主に序盤で余裕がない場合自分の持っているチップの多くをベットすると相手がブラフの場合ほぼ降ります。これはある意味オールインより強く見えます。

 

画像下に出ている数値はHUD(ハド)のスタッツです。HUD(ハド)のソフトはホールデムマネージャー3ポーカートラッカー4がありますのでそれぞれのページで解説しています。

 

コメントを残す