ホールデムマネージャー3のリポート画面

ホールデムマネージャーの様なヘッズアップディスプレイは対戦相手のデーターを画面に表示して重要な場面での決断に役立ちます。それとともに自分のハンド履歴も記録され弱点などを調べることも出来ます。今回はホールデムマネージャー3のリポート画面の見方を説明します。

ホールデムマネージャー3のリポート画面

 

HM3のメイン画面左上に四角内でキャッシュゲームとトーナメントが切り替え出来ます。

 

左の欄からリポートをクリックします。

 

すると下の画像が出ます。この画像はステータスやゲームタイプごとに結果を解析できます。下の画像では$0.05/$0.10が選択されています。

 

 

nari プレイヤー名 H ハンド数  VP 参加率

PF プリフロップレイズ  CB コンティニュエーションベット

3B スリーベット  ST スティール率 の様な重要なスタッツが表示されます。

 

下の画像はキャッシュゲームのグラフです。今までプレイしてきた損益グラフが出ます。

 

キャッシュゲームのグラフが出ます。

 

グラフは、さらに詳しい分析も出来ます・このグラフは左下設定画面で赤をショーダウンしなかった時、ショーダウンしたときを青、総合損益をの緑に表しています。この設定は重要なので是非参考にしてください。下のグラフでは赤のショーダウンしなかった場合の赤の損益が±トントンになっており全体の損益に対して見劣りします。

 

ハンドにメモを付けて分析することも出来ます。ここではKJを選択してみます。

まずKJを右クリック、するとプルダウンが出ますのでマークをクリックします。そこでバッドビート(運が悪かった)ブラフなどを選択できます。そうすることでマークを付けたハンドだけ抽出して検討出来ます。

またマークのリプレイを選択するとそのハンドのリプレイが出ます。

 

 

リポート画面のポジションをクリックすると重要なポジションごとの損益が出ます。

 

下の画像では、通常損失が出やすいスモールブラインドだけがプラスに

なっていますが試行回数が少ないためと思われます。

 

ホールデムマネージャー3のダウンロード、基本的な設定はこちらです

 

コメントを残す